初床

何も艶っぽい話ではない。十年以上も京の都に上っていながら、床と言う物を味わった事がなく、しょことなしに自分で段取りし、若手呉服連を募っての宴会である。


女子の参加が少なかったのは残念ながら、男の着物姿がズラッと並んだ様はやはり壮観であった。


京都人がほとんどであるにもかかわらず、皆初体験に等しく、いい機会になった。

暑がりでは人にはひけをとらぬ私だが、ああいう自然の暑さは全く平気である。むしろこれが昔の人が涼を求めて始めた事だと思うと、実に考えさせられる。その気にさえなれば、昔を温める事はいつ、どこでも出来るのである。

呉服・着物・和装 高知県高知市 (c) ごふく美馬.